FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
009リ、サイボーグ

009リ、サイボーグ-02

昨日2011年10月4日22時35分、ユーチューブ生映像にて、
神山健治監督最新作の製作が発表されました。

タイトルは『009 RE:CYBORG(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)』です。

日本SFマンガの金字塔であり、全てのサイボーグマンガ・アニメーションの原点である、石ノ森章太郎原作の『サイボーグ009』。

『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』の神山健治監督が自ら脚本・監督をてがけ、2013年という、リアルタイムな現代を舞台に、全く新しい物語を生み出します。



メインスタッフには、これまで神山健治監督作品を手がけてきた、日本のアニメーション界最高峰のクリエイターが結集。キャラクター原案を、麻生我等(『精霊の守り人』キャラクターデザイン)、川井憲次(『精霊の守り人』、『東のエデン』音楽)、美術監督を竹田悠介(『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』美術監督)がつとめます。



そして本作は、キャラクター&アニメーションを、日本のほこる2Dセルアニメーションの形式をとりながら、全てフル3DCGIアニメーションで制作します。

これまで神山健治監督作品を生み出してきた、Production I.Gと共に、今、日本の3DCGIアニメーションの最先端を走るスタジオ、株式会社サンジゲンが共同制作をつとめます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alion99.blog119.fc2.com/tb.php/476-81f6b581
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。