FC2ブログ
野沢那智さん死去のニュースを、先程目にした。悲しい事です。

野沢氏の吹き替えで好きなキャラ、印象的な役では、「どろろ」の百鬼丸、「悟空の大冒険」の三蔵法師、「バンダーブック」など24時間TVシリーズでのブラックジャックなどの手塚作品、「エースをねらえ」の宗方仁、「ヤマトよ永遠に」のアルフォン少尉、「スペースコブラ」のコブラ、役者ではアランドロン、アルパチーノ、ブルースウイルス、などがある。

個人的には手塚アニメの二枚目のキャラの印象が強いが、パックインミュージックの印象もある。


最近では、コブラの新作アニメが製作され、これからも続編が製作されると思って楽しみにしていたところだ。
しかも今日はTVで『ダイハード4.0』をやっている。でも寂しい事にブルースウイルスの吹き替えは違う人だ。あの声がもう聞けないのは本当に寂しいことである。

山田康雄氏、広川太一郎氏、そして野沢那智氏と個性的な役者さんが亡くなっていき寂しいものです。
この3人は「ルパン三世」のパイロットフィルムのシネマスコープ版が野沢氏、TV版が広川氏という共通点がある。

HDDデッキには、まだ生前の映像が消さずに残っている。2年前のコブラの新作のスペシャル番組「祝30周年COBRAの魅力を探れ」と、以前に「ごきげんよう」に出演された時の映像だ。このときの映像で、ルパン三世に対する悔しい思い、山田氏に対する嫉妬もあってコブラに対する思い入れが強かったという話をされていたのが印象深い。





《報道記事》

野沢那智さん死去=声優、DJでも活躍
時事通信 10月30日(土)18時20分配信

 アラン・ドロンの吹き替えなどで知られる声優、俳優で、DJとしても活躍した野沢那智(のざわ・なち、本名那智=やすとも)さんが30日午後3時36分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。72歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は俳優で長男の聡(そう)さん。後日お別れの会を開く。
 舞台演出家を目指し、劇団研修生となったことをきっかけに俳優の道に。声優としてのレパートリーは洋画や海外ドラマ、アニメーションなど幅広く、ドロンのほか、アル・パチーノ、ブルース・ウィリス、「スター・ウォーズ」のC―3PO、アニメ「どろろ」の百鬼丸などがある。
 声優と並行してラジオのディスクジョッキーとしても活動し、白石冬美さんと組んだ深夜番組「パックインミュージック」は人気を呼んだ。舞台演出も手掛け、俳優養成校の代表を務めるなど後進の育成にも尽力した。 





.A・ドロン、B・ウィリスの声 野沢那智さん死去
スポーツ報知 10月31日(日)8時0分配信

 映画「太陽がいっぱい」のアラン・ドロン、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスの吹き替えや、ラジオの深夜番組などで人気を博した、俳優で演出家の野沢那智(のざわ・なち、本名・那智=やすとも)さんが30日午後3時36分、肺がんのため都内の病院で亡くなった。72歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。後日お別れ会を開く予定。喪主は長男・聡(そう)氏。

 アラン・ドロンをはじめ、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン、ジェームズ・ディーンら二枚目、名優の声を吹き替えた野沢さんが逝った。

 関係者によれば、8月に病院で検査したところ、肺がんが発見され、そのまま入院した。家族らには「必ず戻ってくるよ」と誓ったが、かなわなかった。最期は長男で俳優の野沢聡(37)ら20数人にみとられたという。

 最後の仕事となったのは昨年11月、テレビ朝日系「日曜洋画劇場」で放送された米映画「16ブロック」での主演ブルース・ウィリスの声の吹き替え。以降は自らが代表を務める俳優養成学校「パフォーミング・アート・センター」に顔を出し、後進の育成に力を入れていた。

 作家の陸直次郎さんを父に持つ野沢さんは大学中退後、演劇を志し、劇団「七曜会」に入団。劇団「城」、プロダクション「俳協」を経て、1977年に劇団「薔薇座」を結成。演出家、俳優として活躍した。

 声優としては65年から放送のスパイドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の軽妙な吹き替えで一躍人気に。その後、アラン・ドロンは当たり役となった。アニメでは「新・エースをねらえ!」の宗方コーチ、「ベルサイユのばら」のフェルゼン役などが有名。

 67年からのTBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」では、白石冬美(69)とのコンビが長年、熱心な聴取者に支持され、その後も同コンビで文化放送の生ワイド「なっちゃこいう気りんりん」を10年間務めた。

 演出家としては「BENT」「踊れ!艦隊のレディたち」「アパートの鍵貸します」などミュージカルからストレート・プレーまで40本を演出し、戸田恵子(53)ら多数の俳優、声優などを育てた。

 ◆野沢 那智(のざわ・なち、本名・那智=やすとも)。1938年1月13日、東京都生まれ。国学院大学を中退し、劇団「七曜会」に入団。77年に劇団「薔薇座」を設立。洋画の吹き替えやアニメで活躍。アラン・ドロンを始め、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォードらを担当。67年からTBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」を15年間、その後、文化放送生ワイド「なっちゃこいう気りんりん」を10年間務めた。88年にはミュージカル「スィート・チャリティ」で文化庁芸術祭賞。長男は俳優の野沢聡、姪はタレントの野沢直子。

スポンサーサイト
昨日6日夜20時位に、ヘルニアのリハビリの後、ヤマダ電機に行った。

ここ暫く、けっこう長い間パソコンの調子が悪く、新しい物を買わなければならないのか、お金も無いし、どうしようと悩んでいた。
NECの秋冬モデルは出ているが、あと2週間位すると東芝、富士通などの秋冬モデルが並ぶらしいので、それまで待とうとかと考えていて、でもパソコンが持つのかという事もあった。

少しでも長く使うには、一度初期化しなければならないと思っていたのだが、リカバリディスクをインストールするDVDドライブが故障していて読み込まないという状況なので、安いDVDドライブを探していくつかの量販店を見て回ってみた結果、ヤマダ電機が安かったのでバッファロー製のバリューモデルを購入した。

後でパソコンの故障の対応について使用方法などから調べていたら、どうも現象的にブラウザのインターネットエクスプローラの不具合ではないかと思い、ツール、インターネットオプション、詳細設定、インターネットエクスプローラのリセットと進み、再起動させてみたところ、画面が変わらないなどの不具合が少し良くなって、反応が少し早くなっていた。

先日、取り込んだ音楽の殆どを削除し、画像を削除し、ショートカットを削除してかなり良くなったと思っていたのだが、すぐにまた表示が遅くなったり映らなくなったりして困っていたので、これで少しでも反応が良くなれば有難い。
しかし、また直ぐに悪くなるかもしれないから油断は禁物。
暫くは様子見だ。
昨日6日、18時過ぎに診療所にヘルニアの牽引のリハビリの為に行った。

終わって料金を払う時になって、いつものリハビリ料金320円を払おうとして、小銭入れからお金を出して用意しておりました。

すると何と、470円ですと言われ驚いてしまった。

「値上げしたんですか?」

と問いかけると、

「すいません、18時過ぎると夜間料金になるんです。他の科も皆そうなんです。」

と、すまなさそうな言い方での返事。

「そうなんですか。しまった、来る時間を失敗してしまった。」

と、思わずつぶやいてしまったのだ。

明日からは昼にしよう。もったいないからと思った。

その後、いつものように診療所の傍にあるすき家に入り、豚汁納豆定食、ご飯大盛りを注文し、食後にホットコーヒーを一杯注文する。

19時10分頃、すき家を出てヤマダ電機へ向かった。